葛飾区乳がん検診

指定医療機関

当院のマンモグラフィ検査は、
すべて女性スタッフが対応します。

乳がん検診とは

女性のがんの罹患数を部位別にみると、2位の大腸を大きく引き離し乳房が1位となっています(*1)。そしてその数は年々増加しており、現在では十数人に1人とも言われています。
乳がん検診は、他の部位のがん検診(肺がん・胃がん・大腸がん・子宮頸がん)と比べて、がんが発見される割合が最も高い検診ですが、子宮頸がんに次いで低い受診率となっています。 また他の先進国と比較しても、乳がん検診の受診率が低い(3人に1人程度)のが現状です。(*2)

*1 部位別がん罹患数-女性 2018年

表:部位別がん罹患数
出展:国立がん研究センターがん情報サービス
「がん統計」(全国がん登録)

*2 女性の乳がん検診受診割合(50-69歳)

検診費用無料
出展:OECD,OECD Health at a Glance 2015,Nov 2015より

金町中央病院の乳がん検診について

乳がん検診は、市区町村が住民に対して行う『対策型検診』と、それ以外の方法(企業や個人、人間ドックなど)で行われる『任意型検診』とに分けられます。
金町中央病院では、葛飾区の乳がん検診の指定医療機関になっています。女性の皆様に少しでも安心して受診いただけるように、2022年に新しいマンモグラフィも導入、女性検査技師による検査体制も整えています。

葛飾区 乳がん検診(2年に1回受診できます)

検査期間
令和4年4月1日~令和5年3月中旬
検査実施日
月曜~土曜 午前9:00~10:30/午後 13:30~16:30
検査予約
葛飾区のはなしょうぶコールにて受付 詳細はこちら
対象
令和5年3月31日現在40歳以上の方で葛飾区に住所があり、
令和3年度に葛飾区の実施する乳がん検査を受診していない女性
検査内容
視触診・問診とマンモグラフィ検査(併用)
検診費用無料

金町中央病院の特長

  • 葛飾区の乳がん検診指定医療機関
  • 2022年に新しいマンモグラフィを導入
  • 女性スタッフによる
    マンモグラフィ検査を実施

検査内容について

マンモグラフィ *葛飾区乳がん検診対象

乳房を専用のプラスチックの板ではさみ、薄く引き伸ばした状態でX線写真を撮影します。石灰化の描出に優れており、触診では見つけることのできない5㎜程度の小さながんの発見にもつながります。
当院では、2022年に新しいマンモグラフィを導入しました。より高画質、低被ばくを実現し、機械による乳房の圧迫を自動で制御する機能も搭載しています。

写真:マンモグラフィ検査室

乳腺エコー

ゼリーを塗ってプローブと呼ばれる専用の機械をあて、乳腺組織の状態を観察する検査です。X線を使用しないため被ばくが無く、妊娠中の方でも受けることができます。
(※男性医師が行う場合があります)

視触診・問診 *葛飾区乳がん検診対象

状態に違和感などがあるか、診察を行います。

乳がん検診の流れ

ご自身が対象であるか確認します
予約の詳細は、葛飾区乳がん検診のホームページまたは、お手元に届いた葛飾区からの乳がん検診に関する受診票に同封さているチェックリストをご確認ください。
マンモグラフィ検査を予約
葛飾区のはなしょうぶコールにて受付をしています。
金町中央病院でのマンモグラフィ検査を希望する旨を伝え、受診希望の日時をお伝えし予約をしてください。

電話予約先

はなしょうぶコール
年中無休 午前8時から午後8時
  • ※予約受付は、検査実施日の1週間前です。定員になり次第締め切りとなりますのでご注意ください。
  • ※キャンセルについては、1週間前までにご連絡をください。
マンモグラフィ検査実施
予約をした日時にご来院いただき、検査を受診ください。
結果報告
1ヶ月から1か月半程度で結果が届きます。
フロー画像:検査結果報告

任意で乳がん検査を受けたい方について

葛飾区の乳がん検査以外のマンモグラフィ検査も行っています。乳腺外科外来での診察、診療も行っているので、気になることやご心配なことがあればご相談ください。

当院乳腺外科外来へ