看護部

病院理念に沿った安心・安全な看護の提供を目指しています。地域に根付いた暖かい病院で働きやすい環境に恵まれています。
患者さまにより快適な入院生活を送っていただくためにも私たち看護師は常に健康的で明るくありたいと考えています。

看護部理念

私たちは病院理念に基づき患者様一人一人を尊重し、安全、安心、信頼の看護をめざします。
  • 他部門と協労し、個々の患者様に適した支援を行います。
  • 信頼される知識、技術、態度を身につけ、日々研鑚します。
  • 地域の皆様から、愛され、親しまれる看護部を目指します。

委員会

  • 医療安全管理委員会
  • 患者サービス委員会
  • 教育委員会
  • 感染予防対策委員会
  • リスクマネージメント委員会
  • 褥瘡管理委員会
  • 栄養サポート委員会
  • 感染リンクナース委員会

研修・資格支援制度

  • 新卒者研修
  • ラダー別院内研修
  • 中途採用者研修
  • 看護補助者研修
  • 研究発表
  • 症例報告会
  • 認定看護管理資格支援制度
  • 認知症認定看護師資格支援制度

看護部長ごあいさつ

1960年(昭和35年)の開設以来、地域における二次救急の急性病院として親しまれ成長してきた病院です。2008年に7対1入院基本料を取得し安定した人員配置が可能になり患者さんに寄り添った看護ができるようになりました。
2013年には電子カルテが導入され医師をはじめ他職種との情報共有が格段に充実し、2015年から地域包括ケアを見据えてリハビリ部門の拡充を図り、患者さんの意志を尊重しよりよい形での退院を目指した多職種カンファレンスが盛んに行われています。
2016年からは急性期病棟と地域包括ケア病棟の2つの機能を持つ病院となり、急性期から亜急性期の入院経過において、患者さん一人一人に個別性のある看護展開をし、患者さん、ご家族が安心して自宅退院ができるための継続的なサポート体制づくりに取り組んでいます。
24時間切れ間なく患者さんの傍にいる看護師は、患者さんを一番よく知る存在であり、チーム医療の要でもあります。
社会や医療の変遷とともに当院の看護部も「学び続ける組織」として成長し続け、地域の皆様がいつでも安心してお立ち寄りいただける、地域に寄り添った病院でありたいと考えています。

部門別のご案内