肥満症外来

減量手術ほか、減量に関する健康相談

近年、肥満症は世界中で急増しており、世界保健機関(WHO)も肥満症は近代世界の疫病と位置付けています。肥満症は、糖尿病や高血圧といった疾患を引き起こし、生活の質(Quality of life)を損なう原因となります。

肥満症外来では、肥満症を改善する新しい治療方法「減量手術」を中心としたご相談を承っております。
どうぞお気軽に受診してください。

メタボリック・シンドローム(メタボ)

日本人は元来、やせ形の民族で肥満とは無縁であり、肥満症はアメリカをはじめとした、欧米の病気だと考えられがちです。しかし、食の欧米化や不規則な生活習慣に伴い、日本人(特に男性)においても、肥満症の増加が問題となってきています。さらに、日本人は欧米人に比べて、少しの肥満でも肥満関連疾患を引き起こしやすいことが分かってきました。つまり、元来やせ形の日本人は、肥満に弱い体質なのです。事実として、日本人は世界水準と比べても糖尿病が多いのです。また、「メタボリック・シンドローム」という用語が広く認知されるようになって久しいですが、なぜ「メタボリック・シンドローム」は健康に良くないのでしょうか?
肥満症外来を受診していただき、肥満症、メタボリック・シンドロームの健康障害やその治療についてご相談させていただきます。

肥満外来の特長

肥満症を改善する新しい治療方法の「減量手術」は、世界で年間80万件以上も行われている、ごくごく一般的な治療方法です。しかし、日本での認知度は、まだまだ低いです。数多くの研究が行われ「減量手術」の健康改善効果は科学的に証明されています。

対象とする主な病気

  • 肥満症

検査や診断方法

  • 血液検査
  • 画像検査
  • 超音波検査

受診される際のご注意

乳腺には良性の疾患も多くあるのですが、ご自身で良性か悪性かの判断するのは困難になります。
何か乳房の症状で気になることがあれば、1人で悩まずに、まずは当科にて専門医にご相談ください。

所属医師

宇野 耕平 (うの こうへい)

外科、乳腺外科外来、肥満症外来、内視鏡センター

略歴 2008年 関西医科大学大学 卒業
2010年 東京慈恵会医科大学 外科学講座 医員
2016年 四谷メディカルキューブ 減量外科 国内留学
2017年 東急病院 外科

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前
午後

宇野 耕平

肥満症

診療科のご案内